顔汗 止める 方法

顔汗の要因の1つ、自律神経の乱れとは

単に顔汗と申しましても、様々な要因が挙げられますが、
大半のケースにおいて、ただ暑いから発汗しているだけ、という事はあり得ません。

 

近年特に多いのは、自律神経の狂いによる顔汗であると見られていますが、
そのメカニズムを理解すれば、あるレベルまではコントロールする事も出来るはずです。

 

 

自律神経とは

自律神経の名前の由来は、それが「自立」して働いている神経群であるという事です。
日頃私たちは特に意識しなくても、心臓を拍動させ、呼吸し、
食べ物の消化をしていますが、このような人間のベースとなる生命活動を、オートで行っているのが自立神経なのです。

 

ですから、私たちが生存するためには絶対に欠かせないものなのです。
裏返せば、この自律神経に何らかのトラブルが生じると、
意識の及ばない箇所に様々な不具合が発生するので、事態の打開が困難になってしまいます。

 

 

自立神経が狂うとは

「交感神経」そして「副交感神経」自律神経を大きく2種類に分けるとこうなります。
このうち交感神経は、人間の身体を活性させるための神経であり、
体温や血圧を上昇させたリ、興奮を起こすためのホルモンを、盛んに発生させるように作用します。
汗をかく事も、交感神経の作用が関係して生じる現象です。

 

もう片方の副交感神経は、人間の身体を休息させ、回復させるために作用し、
血圧を安定させたり、各消化器官での代謝・消化を促進したり、
精神を鎮静させたり、成長を促すためのホルモンを発生させたりします。

 

役目を見ても推察できる通り、どちらか片方だけでは身体が平常に動かないので、
この両者の自律神経が交代で優勢になって、釣り合いを保ちながら、
陰で人間の生命活動を維持しているのです。

 

 

つまりは、この両者の釣り合いがおかしくなることを「自律神経が狂う」
と多くの人が表現しているのです。

 

近頃では特に、疲労やストレスなどから、交感神経が優勢になる割合が多く、
副交感神経が優勢になる割合が少ない、という方が増加傾向にあるのです。

 

 

自律神経が狂うと

自律神経がおかしくなった時に生じる不具合には、各々で差がありますが、
その種類は数百にも及ぶと見られており、
手汗や顔汗といった、常軌を逸した発汗も症状の内の一種です。

 

それ以外にも、下痢や便秘、不眠症や息苦しさ、冷え、慢性疲労など、
身体中の様々な器官に乱れが発生するようになります。

 

 

顔汗の量が多すぎると思う際には、この自律神経が乱れている場合が大半であり、
一例としては、大勢の前でスピーチをしなければならないときに、
プレッシャーやを感じて顔汗が生じる、などが挙げられます。

 

この顔汗が多すぎるならば、交感神経が活発に動き過ぎている証拠です。
精神を落ち着かせる副交感神経の作用が、鈍っているため、
なかなか汗が落ち着かなかったり、鼓動や呼吸が速くなったりしてしまうのです。

 

心当たりのある方は、自律神経の釣り合いを保つために、
工夫して気持ちを落ち着かせるように心がけましょう。

 

できる限りでストレスを発散する、他人の目を気にしないで済むようにする、
プレッシャーを取り除くために、色々なことの下準備を入念に行う、早寝早起きを心がける。
例えばこのような事で、副交感神経をより活性化させる事が重要です。手汗 抑える