顔汗 止める 方法

同じ汗でもニオイがする汗はどうしてなのか?

汗にはニオイがするのとニオイがしない汗がありますが、これはどうしてでしょうか。
このことをここで徹底的に説明します。
その前に身体には汗を分泌するエクリン汗腺腺とアポクリン汗腺があることを申し上げておきます。

 

エクリン汗腺について

エクリン汗腺は全身に分布していて、顔や手のひら、あるいは足の裏に集中しています。
個人差がありますが、研究結果では平均で全身に350万はあると言われています。
エクリン腺から分泌される汗はその99%以上が水分で、サラサラしていて、
汗をかいた直後はほとんどニオイがありません。
しかしそのままの状態で細菌に分解されると汗臭いニオイがします。

 

アポクリン汗腺について

アポクリン汗腺は全身にではなく、ワキの下や乳首、さらには陰部付近などの部位に
分布されていて、思春期に発達し始めます。
なおその量は遺伝や人種また個人によって異なります。
アポクリン汗腺から出る汗の役割は異性を惹きつけたり、同性であることを確認することです。
この汗はたんぱく質や脂質などを含んでいて粘り気があるので、
細菌が繁殖しやすく、そのために一種独特のニオイがあります。
ちなみにワキガの原因はアポクリン汗腺から分泌される汗です。

 

汗の種類は3種類ある

エクリン汗腺から出る汗は、かきかたで3種類あります。
第1は温熱性発汗で、これは気温が暑いときや運動で体温が
上昇したときなどにかく汗でで、全身から汗が出ます。
発汗は皮膚の表面から汗の水分が蒸発することで体温を下げる役割があります。

 

第2は精神性発汗で、緊張したときや驚いたときなどに出る汗で、
いわゆる冷や汗で、手のひらや足の裏、ワキの下などに汗をかきます。
3番目は味覚性発汗で、単純に辛いものや酸味の強い食べ物を食べたときに鼻や額などにかきます。

 

いい汗と悪い汗とは

いい汗とはエクリン汗腺からでるサラサラしたした汗で、悪い汗はベタつく汗です。
汗の役割は基本的には体温を下げることで、体温が上昇すると、
汗腺は血液から血漿(けっしょう)という液体を汗として排出します。

 

しかし、血漿にはミネラルが含まれているので、血漿にミネラル分を戻します。
そうすると水分が汗になりますからサラサラ汗になります。
しかしミネラルの血漿への再補充ができないとミネラル成分が水分と混じった汗になり、悪い汗をかきます。
ベタつく悪い汗は化粧崩れの原因にもなりますから、自分の汗の種類を見極めて、
しかるべき対策をとるようにしましょう。
手汗を止める