顔汗 止める 方法

顔汗を止める方法なら

いつも顔汗をかく人は多汗症の疑いがありますから心療内科などを受診することをおすすめします。
また更年期の女性はホルモンバランスの崩れから自律神経が乱れていることがあるので婦人科で診察を受けましょう。

 

ただしそうではなくても顔汗をかく人がいますが、それは肥満が原因のこともありますし、
身体にあるほかの汗腺の活動が鈍っている場合があります。

 

☆身体の本能的な習性を利用して顔汗を止める
身体には専門用語で皮膚圧反射という作用があり、これは皮膚の一部が圧迫されると
汗が反対側に集中するという現象です。
たとえば両脇下から胸にかけて紐などで皮膚を圧迫するとこの作用が働いて顔汗を止めることができます。

 

☆制汗剤を使って顔汗を止める
これは言わずと知れた奥の手ですが、市販の顔用の制汗剤で顔汗を止める方法です。
ただし強制的に顔にある汗の出どころの汗腺を塞ぐことですから、常用しないほうが良いでしょう。
また、長時間の使用も好ましくなく、必要な時だけにして洗い流しましょう。

 

☆首筋の後ろの血管を冷やして顔汗を止める
身体には心臓があり、絶え間なく血液が心臓から身体中に送られて回収されています。
血液を顔や脳に送る太い血管が首筋の後ろにありますから、この血管を冷やすことで顔汗を止めることができます。
その仕組みは顔に行く血液を冷やすことで、同時に汗腺も冷やされるので汗が止まります。

 

☆運動をして顔汗を止める
汗腺は身体中にありますが、運動不足だと使わない汗腺の活動が鈍くなり、
いつも使う顔の汗腺に汗が集中するので顔汗が止まらなくなります。
したがって身体中の汗腺を運動で刺激することで、汗が分散されるので顔汗が減ります。

顔汗を止めるボトックス注射とは?

顔汗がどうしてもとまらないという時の治療方法にボトックス注射があります。
注射と聞くとなんだか痛そうで恐い感じがしますが、美容整形でも用いられています。

 

ボトックス注射は顔汗を止める効果がある?

ボトックス注射は、食中毒の菌であるボツリヌス菌から生成されるA型ボツリヌス毒素成分の注射です。
毒素成分ですが、実際には毒性を取り除いた無害な成分を使用しますから
人体への感染や悪影響はありません。
ボトックス注射は神経から分泌される神経伝達物質のアセチルコリンを抑制することで
筋肉の動きを麻痺させます。

 

すなわち顔面にある表情筋の動きを止めるために美容関連で使われます。
アセチルコリンは発汗を促す作用があることを逆手に取って
汗の多い顔面に注射をして神経をブロックするのです。
ボトックス注射は局所的な多汗症に用いられるので、顔面や脇下、
手のひらや足裏の多汗症治療に用いられます。

 

ボトックス注射の効果と注意すべき点

ボトックス注射の効果は個人個人で差があり、注射後2〜3日頃で汗が減るようになりますが、
一回で済むのではなく半年ほどで効果がなくなります。
2012年11月から脇下の多汗症に限って保険が適用されるようになりました。

 

ただし顔の汗には適用されないので費用は自己負担です。
また注射はかなり強い痛みがあるので、実施する時には局所麻酔などの方法もあります。
さらにボトックス注射の性質上しびれる副作用を起こすことがありますから、
この注射を受ける場合は多汗症治療の経験が豊富で信頼できるクリニックにしましょう。